美容&治療の融合

整形級の変化を出せる小顔ストレッチの秘密

 

たった30秒あなたの施術に加えるだけで自律神経系の調整ができ、施術効果を最大に引き出してくれる「上部頸椎調整法」の技術動画をプレゼント!


上部頸椎調整の技術動画をプレゼント
上部頸椎調整の技術動画をプレゼント

ライン@登録で「上部頸椎調整」の動画プレゼント

友だち追加

https://line.me/R/ti/p/%40god4296z 

ラインID検索「@god4296z」

 

 


症状改善&美容が両立できる技術

 

の第一印象は「顔」

顔には30種類以上の筋肉がありますが、ほとんどの人はその3割程度しか使えていないと言われています。

無表情で過ごすことが多かったり加齢も原因の一つで、使わなくなった筋肉は衰えて柔軟性を失い、それによって「歪み、たるみ、しわ、むくみ」につながってしまいます。

 

また、顔への影響は見た目だけではなく、健康への影響とも関連しています。

例えば、顎下の筋肉(舌骨筋群)が使えなくなることで二重顎になりやすいだけでなく嚥下障害(飲み込みにくさ、喉のつまり)のリスクも高くなってしまいます。

咬筋のバランスの崩れは顔の歪みを作ると同時に、顎関節症のリスクが高いです。

 

このように、美容と健康は表裏一体だと考えています。

 

 

特に、小顔ストレッチでは「自律神経系」「脳圧(脳脊髄液)」「蝶形骨」「迷走神経」にアプローチできる特殊な技術が含まれています。

そのため、治療院でも、リラクゼーションサロンでも、エステサロンでも、違和感なく導入することが可能です。

 

 

 

 

あの人気芸人も体験!


ドクターストレッチに研修

 

業界最大手であるDr.ストレッチへの技術指導

小顔ストレッチの特徴

特徴1 短時間で変化がでる

小顔ストレッチの施術時間は10分未満で、癒しではなく「変化・結果」を目的としています。

施術の変化がはっきり実感できるので、短時間でも高い満足度を感じてもらうことができます。

そして何より、施術時間が短いということは施術者にとっても施術を受ける人にとっても、体への負担が少なくすみます。

 

 

 

 

特徴2 骨格ではなく「筋肉」へのアプローチ

小顔ストレッチの特徴は、筋肉への直接的なアプローチです。

顔には、「表情筋」「咀嚼筋」「外眼筋」など40種類以上の筋肉がありますが、ほとんどの人はその半分以下も十分に使えていません。

小顔ストレッチではその使えていない筋肉にアプローチすることで、顔の歪み、たるみ、むくみを解消させ、顔を引き上げていきます。

 

 

 

特徴3 美容だけではなく症状改善にも役立つ

小顔ストレッチには「上部頸椎ダイレクトストレッチ®︎」という、上部頸椎調整の技術が含まれています。

これにより自律神経系の調整が安全、かつ簡単にできるのが特徴です。

その他にも「迷走神経」「ホルモン」「脳圧(脳脊髄液)」「扁桃体」にもアプローチする手技が含まれており、様々な症状改善に役立ちます。

 

 

 

 

特徴4 利用率、リピート率が高い

小顔ストレッチは整体院、治療院のオプションメニューとして使用されることが多いです。

その利用率は高く、全来店者の35%以上、女性だけなら50%(2人に1人)が小顔ストレッチを追加オプションとしてつけるサロンもあります。

そして一度施術を受けた人はほとんどのケースで2回目以降もリピートされます。

 

 

その理由は、「変化」をしっかりと実感してもらえる仕組みがあるからです。

「見た目」の変化はもちろんですが、その他にも「関節可動域」「圧痛点」などの変化が実感できる仕組みがあ流のが特徴です。

人は、視覚的な変化に敏感な人と感覚的変化に敏感な人がいます。

上記の検査では、そのどちらからもアプローチできるため、多くの人から信頼されやすく、その結果高い利用率とリピート率を出すことが出来ています。

 

 

 


小顔ストレッチ【1回での変化】

※変化は個人差があります。

ガンバレルーヤ よしこ 小顔ストレッチ
ガンバレルーヤ まひる 小顔ストレッチ






小顔ストレッチ
小顔ストレッチ

小顔ストレッチ
小顔ストレッチ

小顔ストレッチ
小顔ストレッチ

小顔ストレッチ
小顔ストレッチ

小顔ストレッチ

小顔ストレッチ

小顔ストレッチ【2回以上受けた方の変化】

小顔ストレッチ
小顔ストレッチ
小顔ストレッチ
小顔ストレッチ
小顔ストレッチ

 

   

 

 

関節可動域の変化





 

 

 

 

 

小顔ストレッチで得られるメリット

 

美容

顔の歪み、むくみ、たるみ、しわ、ほうれい線、二重顎など

 

症状

肩こり、首こり、鼻炎、蓄膿、めまい、頭痛、顎関節症、眼精疲労、嚥下障害、顔面麻痺など

 

 

治療を目的としたもの、効果を保証するものではありません。

 

 

日本小顔ストレッチ協会