· 

治療院でのリピートアップのコツ

 

治療院で新規集客ができて初回来院してもらったはいいものの、なかなか2回目に繋がらないという場合は何か重大な原因があるかもしれません。

 

この原因を解消しなければ常に新規集客に広告費を使い続けることになり、なかなか安定した経営ができません。

 

 

では、リピート率が悪い原因は何でしょうか?

これは一概には言えませんが、これまで僕がみてきて感じたのは以下の内容です。

 

 

 

 

NG1.価値を伝えていない(説明不足)

 

いくら良い施術をしても相手は素人です。どんな施術をどんな目的でして、体がどうなっていたのか説明をしていますか?この説明がなく単に施術をして終了では、納得して通っていただくことは難しくなります。

そのために施術前の検査、施術後の説明にも力を入れましょう。

 

 

 

 

NG2.世間話がメイン

 

施術中につい世間話をしている先生も多いようですが、これをすればするほど患者さんの満足度は下がります。相手は話にきているのではなく、体の悩みを解消するために来ています。

それに話しをしながらの施術は先生自身も患者さん自身も施術に集中できず、印象として残るのは「話の内容」になります。

特に施術金額が高額になるにつれてこの傾向は強くなるのでご注意ください。一見盛り上がっているようにみえても、それは先生の自己満足かもしれません。

不調の原因を見つける目的で世間話をしている場合は別。

 

 

 

 

NG3.先生自身がリピートしない

 

 

先生の院に来る患者さんは先生の鏡です。

もしリピートしてくれないなら、それは先生自身が他のサービスを受けてリピートしていないのではないですか?

「うちに来る人は安いメニューしか受けてくれない」と思っているなら、先生自身もいつも格安セミナーばかりに参加しているのかもしれません。

まずは自分自身が優良顧客になり、優良顧客の気持ちを理解できるようになることが必要です。

 

 

 

 

以上、個人的な意見も多いですが僕がこれまでみてきてリピート率の悪い人の特徴でした。

 

 

ちなみに田中の施術は1回16500円で施術時間は約5分程度ですが、9割以上の方が少なくとも6回以上はリピートされます。

施術時間は5分程度といっても、検査と説明には十分に時間をとるので一人の施術枠は15分として時間を確保しています。

 

 

 

リピート率が低い原因はすぐにでも改善できることが多いので、参考になることがあれば早速行動してみてください。

 

 

 

 

 

※紹介した事例は一般的な治療院や、治療系整体院においての話です。特殊な施術を行う治療院やリラクゼーションサロンなど、その他のサロンには当てはまらない場合もあります。