· 

正しいビフォー&アフター写真の撮り方【不正な小顔写真に注意】

 

小顔矯正にはビフォー&アフターの写真がつきもの。

 

 

効果を実感してもらうためにも相手に見せるし、

小顔矯正スクール案内などでもよく使われていますよね。

 

 

でも実は、

このビフォー&アフターの写真が正確に撮れているものは非常に少ないのが現状です。

 

 

先日もフェイスブックの広告に上がってきたものを見てみましたが、

残念ながらほとんどの写真が信憑性に欠けるものでした。

 

 

 

信憑性に欠けるというのは、例えばこういった写真。

 

 

一見すると顔がシャープになっているように見えますが、

これは「顔の角度」がそう見せているだけです。

 

 

アフター写真の方で顎を引いてしまっているので

これは正確なビフォーアフターの写真ではありません。

 

 

 

 

続いてこちら。

 

 

顔の角度もばっちり一致。

そしてアフターの写真の方が顔が小さくなっているのが分かりますか?

 

 

でもこれ、実は2枚とも同じ写真を並べただけです。

そしてアフターの方をわざと少しだけ縮小してみました。

 

 

 

上の2つの写真は私が意図的に作ったものですが、

このようなビフォーアフターの写真で大きさを変えたりすることは

誰でもアプリで容易にできるのです。

 

 

そして先ほど書いたように、巷の小顔矯正写真の多くはこのような

不正確な見せ方をしています。

(その他には顔が左右違う方向を向いていたり、髪型で小顔にみせたり…)

 

 

 

また、悪意なくこのように不正確な写真になってしまっているケースもあるようです。

 

多くの場合、写真を同じ位置で撮ろうと思ってクライアントの座る位置や

カメラの位置に印をしているようですが、それだけでは正確な写真はとれません。

 

同じ位置で撮影しているつもりでも、相手の頭がほんの少し前後に動いたり

顔の角度がずれるだけでも出来上がった写真の大きさは変わってしまうのです。

 

 

立つ位置を固定したりカメラを固定するだけでは、残念ながら

正確にビフォーアフター写真を撮ることは不可能です。

 

 

 

 

正しいビフォー&アフター写真のコツ

それでは、正しいビフォー&アフターの写真とは?

 

 

日本小顔ストレッチ協会の小顔ストレッチ®は10分で整形級の変化がでると言われますが、

写真の見せ方で大切にしていることがあります。

 

 

それは、

 

「骨格の大きさをきちんと揃えて写真を並べること」

 

 

正確に変化を比べようと思ったら、撮影する位置(ポジション)よりも

前後の写真の骨格の高さ(大きさ)、顔の角度をそろえることが必須です。

 

そして、これが一番正確にビフォー&アフターの変化が分かる方法で、

小顔セラピストの実力が分かる唯一の方法です。

(変化の出せない小顔矯正の場合、写真で全く変化が起こりません)

 

 

日本小顔ストレッチ協会の小顔ストレッチは、骨格の大きさを変えることなく小顔にします。

つまり、顔の筋肉を引き締めてリフトアップして小顔に見せる技術です。

 

※顔の骨格というのは基本的には目に見えるほど小さくなったりしません。

骨格が小さくなると謳って集客したことで摘発された小顔矯正団体があるのは有名な話ですよね。

 

 

 

骨格を変えずに小顔にするというのは、こんな感じです。

 

 

骨格の大きさをそろえていますが、明らかに顔がシャープになっているのが分かると思います。

たった1回10分の小顔ストレッチで、もちろん写真の加工なし!

 

 

 

 

そしてこちら。

 

 

小顔ストレッチを3回受けた方の変化です。

もはや別人(笑)

これが、整形級の変化だと言われる所以です。

 

 

不正なビフォー&アフターに騙されることなく、正しいものを見極めましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

10分で整形級の変化を出す小顔ストレッチが学べます

短時間で小顔変化をだし、それを持続させるというのは

実は非常に高度な技術が必要です。

 

それで多くの小顔矯正サロンでは、自覚アリ・ナシに関わらず

不正な編集をしてしまっているのが現状です。

 

 

 

でも、もちろん不正な編集に頼ってはいけません。

 

 

あなたは不正な編集なしで、たった10分で整形級の変化をだす技術を覚えたいですか?

小顔ストレッチならそれが可能です。

 

 

小顔ストレッチは見た目の変化だけでなく、

 

・圧痛変化

・可動域変化

 

があるので、相手に効果を実感してもらいやすいです。

そのため、同業セラピストからも高い評価を得ています。

 

 

そして単なる美容メニューではなく、自律神経系、迷走神経、脳圧、脳脊髄液、蝶形骨などの調整により、肩こりや頭痛などの症状改善にも役立つ技術です。

 

 

 

施術時間はわずか10分

(私は7分程度で終わりますが)

 

ほとんどのサロンに導入可能で、高いリピート率を誇るので

治療院、エステサロンに導入することで単価アップ、新規集客に役立ちます。

 

 

 

小顔ストレッチに興味のある方、喜ばれながら単価アップできるメニューがほしい方は

私からのメッセージをじっくりお読みください。

 

=================

 

【ライン@、メルマガ登録で豪華特典を受け取る】

 

 

◆技術編◆(ライン@登録)

ライン@登録で「一瞬で変化のでるパーソナルストレッチ」技術動画をプレゼント。

 

①肩こりに「僧帽筋スタティックストレッチ」

②二重顎、嚥下障害の予防、改善に「舌骨筋ダイレクトストレッチ」

③五十肩の予防、解消に「肩甲下筋ダイレクトストレッチ」

 

 【ライン@友達登録はこちら】

↓↓↓↓

https://line.me/R/ti/p/%40god4296z 

ラインID検索「@god4296z」

 

 

 

 

◆経営編◆(メルマガ登録)

日本一田舎の県で、新規を月70人集めた5つの秘密PDFファイル

 

①反応率を上げるチラシ集客のコツ

②爆発な新規集客!無料でメディアに取材してもらう方法

③ホームページでデザインよりも重要な「コンテンツ」とは?

④知らないと損!無料で集客できる複数のツール

⑤口コミ紹介を生む「意外性」と「付加価値」の作り方

㊙特別付録:売上の公式について

 

【メルマガ無料登録はこちら】

↓↓↓↓

https://mail.os7.biz/add/rNcS

 

 

 

 

 

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    可奈子 (木曜日, 28 2月 2019 04:32)

    骨格に合わせて写真を撮る方法 を具体的に教えて下さい。